酵素を摂ることが出来る食べものは?

発酵食品

人間が生きていくためには、酵素は欠かせないものです。特に体内の酵素が少なくなってしまうと、老廃物が排出されなくなり、結果体調を崩しやすかったり、太りやすくなってしまいます。これは加齢とも関係がありますが、年を重ねるごとに体内酵素も減ってきてしまうので、普段の食事でシッカリ補うことがとても大切になってきます。

 

では、どういった食物に酵素が含まれているのでしょうか?実は、加熱していない食材や、味噌やヨーグルトと言った発酵食品に含まれているのです!ですから、単純に生野菜や果物にも酵素は含まれているんですよ。しかし、酵素の量はどうか?となると話は別で、やはり食材の中でも、酵素量の多いものがあります。

 

1.果物

 

 バナナ・パパイヤ・アボカドなどが特に酵素が多く含まれています。

 

 特にバナナは時間がたつと表皮に現れる黒っぽいポツポツ、いわゆる「シュガー
 スポット」が出ている頃に食べるのが一番美味しく、酵素も豊富と言われています。

 

 バナナなら手に入りやすいし、毎朝食べるという習慣もつけやすいですよね。

 

 しかし、アボカドはそんなに量は食べられませんし、パパイヤもなかなか
 手に入りにくいですよね・・・。 

 

2.野菜

 

 ニンジン・レタス・キャベツと言った、日常で使う野菜に酵素が多く
 含まれています。

 

 ただ、加熱してしまうと酵素が死活してしまうので、生野菜として
 サラダなどで食べたり、ミックスジュースなどにして飲むのがおススメです。

 

 しかし、デメリットとして、生野菜を摂り過ぎても身体が冷えてしまう
 ということが挙げられます。

 

3.発酵食品

 

 納豆・味噌・醤油など、日本古来の食生活に根付いた食材に酵素が 多く含まれています。

 

 そう考えると、我々は知らず知らずのうちに酵素を沢山摂っているのだと 気づくのではないでしょうか。

 

これらの食材は日常生活で比較的摂りやすいですが、野菜や果物は加熱していないものを沢山食べる必要があるのがネックです。また、食材もできるだけ無農薬で新鮮なものである必要もあるので、なかなかそこまで気が回せませんよね。酵素ドリンクの場合にはそのような面倒を省いて、沢山の食材の酵素を「いいとこどり」できるのが大きな魅力になっています。お嬢様酵素は、そんな野菜や果物の原料の他に、生命力が高いと言われている野草の酵素までタップリと含まれているので、美容や健康にはもちろん、キレイに痩せたいと言う人にはもってこいの酵素ドリンクですよ!